au / iPhone5での「4G・LTE」75Mbpsエリア→実は人口カバー率14%だったことが判明

なんだかなー あまりネガティブなことは記事にはしたくないですが、これはちょっと酷すぎな不当表示だし、なによりユーザーをバカにしてんじゃないの?っと思ったもので。
以前の公式発表で「75Mエリアは非公開」って言ってた意味はこれですか?って感じ・・正直(´・ω・`)ガッカリ…

AndroidとiPhoneの電波内容が違うってことは知ってたけどまさかカバー率が半分にも満たないとは思いもよりませんでしたね。

高速通信を求めて高い定額料払っているiPhoneユーザーもたくさんいるんだしもっとユーザー目線でのサービス提供と内容の透明性を向上してもらいたいものです。


au-LTE.jpg 






 消費者庁は、KDDIがiPhone 5について記載したLTE関連の広告について、景品表示法違反による措置命令を下した。KDDI側はこれを受けて再発防止策などを発表している。




不当表示の内容は、以下の通り。いずれもiPhone 5のLTEサービスを紹介する際のものだ。


・受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの光ファイバーなみのスピードで快適データ通信!!

・サービス開始時より全国主要都市をカバー。2012年度末には実人口カバー率約96%に一気にエリア拡大。広いエリアで使える

・4G LTEエリアは政令指定都市を中心に全国主要都市部をカバー。一気にエリア拡大していきます

・4G LTE(iPhone 5含む)対応機種なら4G LTE

・受信最大75Mbpsの超高速ネットワークを実人口カバー率96%に急速拡大(2013年3月末予定)
 

こうした記載が事実と異なるものとされた。記載内容はいずれもAndroidスマートフォンに限られたもので、iPhone 5については該当しなかった。これらの不当表示についてKDDI側も誤記載だったとを認めている。



 人気モバイル情報⇒・blogrankingはこちら・




解説引用
KDDIが景表法違反、iPhoneのLTEサービスに不当表示(ケータイWatch)





この記事はあなたのお役に立ったでしょうか?皆様の応援クリックがあれば今後の励みになります!
今後も役立つ記事を書いていけるように頑張っていきます!ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

  










Homeへ戻る



関連記事

Tag:au iPhone5

0 Comments

Post a comment