スマホ LTE基本プランの裏に隠された高額通話料のワナ

 以前の3Gプランに比べて通信速度が大幅に進化したLTEだが、最近のキャリアの動向を見ても
高速通信ばかりがフィーチャーされ本来の電話機としての運用プランが疎かになっている現状に首を傾げるユーザーも多いことでしょう。


 普段通話はアプリを使うだけなら気になるところではないが、ユーザーそれぞれに求めるものは違ってくる。
特にビジネスで使う場合なんかはアプリだけという訳にはいかないので電話機能を使うことが多くなってくる。
本来の電話機として通信機能ばかりが特化されている矛盾にスポットを当てた記事があったので抜粋しておきたい。

lte_logo




iPhone5の登場などで、すっかりおなじみになった新通信規格「LTE」。 
便利なのは間違いないが、各キャリアとも無料通話のつくプランを用意せず、 
月々の支払いが以前よりも跳ね上がるケースが相次いでいる。 
しかし、その原因は高速通信技術にはない。
ITジャーナリストの三上洋氏が説明する。 



「実はLTEプランは、高速通信技術とはまったく関係のない通話料が超割高なんです!  
通話料は3社(ドコモ・au・ソフトバンク)とも足並みそろえて30秒21円。 
うっかり1時間話してしまうと、2520円にもなる。同じキャリア同士であれば 
通話料無料になるオプションもありますが、同じキャリア以外の通話は詐欺同然とも 
いえる高さなんですよ」 


こうして、LTEが普及したこの1年ほどで、通話料が以前よりも高くなってしまった 
という声が多く挙がる状態になっている。 
「私はそこに、キャリア3社の姑息な狙いがあると思っています。 



まず、ユーザーが最初に気にするのが月々の基本料金ですが、LTEプランの基本料金は 
それほど割高感がないため契約してしまう。契約時に通話料金の説明はしているでしょう 
が、わざわざ超割高であることを強調せず、さらっと伝えるケースが多いはず」 
(三上氏) 


しかし、いざ使い始めると、高額な通話料が大きな負担になるというワケだ。 
「いつもより高額の請求金額が来たときに、総額だけを見て、便利なLTEプランは 
高くつくんだとなんとなくあきらめてしまい、そのまま放置してしまっている人が 
少なくないのでは」(三上氏) 



LTEプランの“落とし穴”はまだある。 

「しかも、LTE以前のプランには『無料通話×分』というのがついているのが一般的 
でしたが、LTEプランではそのサービスが撤廃されているのも落とし穴。 
また、固定電話への通話料も3社統一の30秒21円なので、携帯電話にかけるよりも 
固定電話にかけたほうが安いと刷り込まれている人は、ここにも要注意ですね」 
(三上氏) 




ドコモのLTEサービス開始は約2年半前、ソフトバンクやauのLTEサービスも 
開始から半年以上たっている。にもかかわらず、このような構造に気づいている人は 
まだまだ少ないと三上氏は言う。 
「この料金構造を知らないまま、LTEプランで通話しちゃってる人はかなり多いと 
思います。基本料金をさほど上げないことを目くらましにして、その分、さりげなく 
通話料を上げて収益を補塡しようといういやらしい方法ですからね」 



最近、ケータイの使用料が高くなっていると感じている人は、一度自分の明細書を 
詳しくチェックしてみるといいだろう。 

解説引用
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/04/23/18661/ 



・モバイル機器運用に役立つ情報掲載⇒人気スマホ・モバイル(ブログランキング)








この記事はあなたのお役に立ったでしょうか?皆様の応援クリックがあれば今後の励みになります!
今後も役立つ記事を書いていけるように頑張っていきます!ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

  












Homeへ戻る



関連記事

0 Comments

Post a comment