BIGLOBE 050通話アプリ搭載のLTEプラン「ほぼスマホ」とは?

NECビッグローブは、
Android端末とXiのLTE通信、050番号が使えるIP電話アプリをセットで提供するサービス「ほぼスマホ」(MEDIAS for BIGLOBE)の提供を開始する。




 biglobe hobosumaho




端末は、NECカシオ製の「MEDIAS NE-202」。NTTドコモの「N-07D」をベースとしたモデルで、
基本的な仕様は同じ。ドコモのオリジナルサービスなどはプリセットされない。


「ほぼスマホ」の利用料は、データ通信量などによって複数のプランが用意されている。月間1GBが使える「ライトSプラン」は月額2980円。BIGLOBE接続会員の場合は210円引き。ユニバーサルサービス料金として、毎月3.15円かかる。

 なお、サービス開始月の利用料は0円で、翌月~25カ月に渡り月額2980円が適用される。26カ月以降は月額1980円となる。月額利用料は6月末までに申し込んだ場合で、7月からは970円が加算され月額3950円。このほか、月間2GBまで利用できる「ライトMプラン」は月額3980円も用意される。

 また、1契約でSIMカードが3枚使え、月間7GBまで利用できる「デイタイムプラン」と「スタンダードプラン」も利用可能。「デイタイムプラン」は2時~20時に利用が制限されて月額4980円。もっとも制限のない「スタンダードプラン」は月額5980円。


―――以上抜粋

・モバイル機器運用に役立つ情報掲載⇒人気スマホ・モバイル(ブログランキング)






※通話アプリを使い料金節約


ガラケー+通信端末という感じで考えれば料金は抑えられそうだが
もっとお得に使いたいならば通話を「050Plus」単独で使うことを考えて
今手持ちの携帯電話の解約前に050アプリに番号登録しておけば
通話月額料金に関して言えば月額315円で通話基本料金を抑えることができる。
 
※端末本体に「BIGLOBEフォン・モバイル」がプリインされているのでこちらを使うのも同等

 「050 plus」


 「MEDIAS for BIGLOBE LTE



通信はデザリング10台まで可能なので
この端末と手持があれば(iPod,PSP,DS,タブレットPC)等と
用途に合わせてデザリングしてネットを楽しめるだろう。
 24ヶ月使用すると月額1,980円になるのでもっとお得な料金となる。




CPUはクアルコム製の「MSM8960」(1.5GHzデュアルコア)で、
ROM(ストレージ)8GB、RAM(メモリ)1GB

LTEは下り最大75Mbpsに対応。
最大10台のWi-Fiテザリングをサポートする。
ワンセグやBluetooth、赤外線通信(IrSimple/IrSS非対応)などをサポートする。 


元はドコモのN-07Dから通話機能を省いたものなので
携帯キャリアコンテンツの弊害がなく
まったくのクリアーな状態から始められる。
端末のスペック的にはどんな用途でも充分使えるので
仕事、プライベート用と目的に合わせた使い方が増やせるだろう。







レイ・アウト docomo MEDIAS X N-07D用 気泡軽減高光沢防指紋保護フィルム 2枚パック RT-N07DF/C2


レイ・アウト docomo MEDIAS X N-07D用 フラップタイプ・ レザージャケット/ブラック RT-N07DLC1/B


レイ・アウト docomo MEDIAS X N-07D用 マットハードコーティング・シェルジャケット/マットブラウン RT-N07DC4/CH





詳細
「ほぼスマホ」端末+LTE通信費で24カ月間2,980円/月

解説引用
BIGLOBE、LTE対応で050通話アプリ搭載の「ほぼスマホ」(ケータイWatch)





この記事はあなたのお役に立ったでしょうか?皆様の応援クリックがあれば今後の励みになります!
今後も役立つ記事を書いていけるように頑張っていきます!ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

 










携帯・スマホ・通信費節約

Homeへ戻る



関連記事

Tag:通話アプリ 格安SIM_MVNO BIGLOBE_SIM

0 Comments

Post a comment