コスパ重視するなら MVNO+白ロムスマホで通信費節約 その1

続々と新プランがリリースされ今注目を集めているデータ通信SIM(MVNO)業界。
従来までは携帯・スマホを使う=携帯キャリアと契約して高額プランに加入という選択肢しかなかったが
このMVNOプランをうまく使うことによって音声通話+データ通信プランで最安平均:1,700円代で使えるようになる。

ドコモと最近参入したauの通信網を使った高速通信+低価格が売りのなので当然月々の通信費も格安で済むメリットがある。

こうした動きがある中、端末だけを購入して用途によって通信SIMを使い分けるスタイルが広まりつつあるので
白ロムスマホが最近再注目されている。

格安データ通信SIM導入前に管理人的に今回はドコモの白ロムスマホをピックアップしていきたい。


smartPhone3.jpg




詳細記事は下記へ
↓ ↓ ↓



docomo端末
・ダイレクト割機種 
3万円以下 オススメ順

◆基準としては比較的ハイスペックで高年式。価格は3万円以下の端末をピックアップしたが、どれも前冬モデルが中心なのでスペック的には大きな開きはないのでデザインや好みによってというところがあるが、
端末を選ぶ上で重要な点はバッテリー容量の大きさも選ぶポイントの1つというところかな。
ユーザーのライフスタイルや好みによって選択するといいだろう。



L-01F
2013年冬春モデル
OS種類 Android 4.2
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 2GB
幅x高さx厚み【mm】 71x139x10
重量【g】 145
バッテリー容量【mAh】 2900
最大待受時間【時間】 530
CPUコア数 クアッドコア
CPU MSM8974 2.3GHz
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード

G2 L-01F docomo [Indigo Black]





L-05E
販売時期 2013年夏モデル
OS種類 Android 4.2
最大待受時間 3G:約410時間 LTE:約360時間
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 2GB
CPUコア数 クアッドコア
文字入力 タッチパネル
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 2100 mAh

(docomo) Optimus it L-05E ブラック





SH-07E
販売時期 2013年夏モデル
OS種類 Android 4.2
最大待受時間 3G:約460時間 LTE:約400時間
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 2GB
CPUコア数 クアッドコア
文字入力 タッチパネル
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 2100 mAh

docomo AQUOS PHONE si SH-07E ホワイト 白ロム





F-06E
販売時期 2013年夏モデル
OS種類 Android 4.2
最大待受時間 3G:約560時間 LTE:約560時間
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 2GB
CPUコア数 クアッドコア
文字入力 タッチパネル
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 3020 mAh

富士通 docomo ARROWS NX F-06E White 白ロム





SH-06E
販売時期 2013年夏モデル
OS種類 Android 4.2 
最大待受時間 3G:約530時間 LTE:約460時間
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 2GB
CPUコア数 クアッドコア
文字入力 タッチパネル
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 2600 mAh

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [White]




MVNOデータ通信SIM 速報 (Blogranking)


・関連記事
格安データ通信SIM (MVNO) まとめ その2
格安データ通信SIM (MVNO)の運用方法




この記事はあなたのお役に立ったでしょうか?皆様の応援クリックがあれば今後の励みになります!
今後も役立つ記事を書いていけるように頑張っていきます!ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

 









・最新情報ツイートしてます!
フォロワーさん募集中♪

↓ ↓ ↓
dejirou_report

Homeへ戻る


関連記事

Tag:docomo 格安SIM_MVNO

0 Comments

Post a comment