ソフトバンクが「ダブルLTE」発表 3月21日よりサービス開始

ソフトバンクモバイルは、iPhone 5やiPad mini、iPadで既存のLTE網(SoftBank 4G LTE)に加えて、
イー・モバイルのLTE網が利用できる「ダブルLTE」の提供を開始した。

double LTE 




詳細記事は下記へ
↓ ↓ ↓





「ダブルLTE」は、SoftBank 4G LTEに加えて、イー・モバイルのLTE網が利用できる通信サービス。
ソフトバンクの中心モデルに位置づけられるiPhone 5やiPad mini、iPad向けに提供される。
3月21日よりサービスが開始され、まずは池袋周辺から運用を開始、徐々にサービスエリアが拡大される。

 
 ネットワークの混雑に応じて、SoftBank 4G LTEとイー・モバイルのLTE網の接続が自動的に切り替わる。
仮にイー・モバイル網に繋がった場合でも接続状態は、ソフトバンクと表示される。
ユーザー側でソフトウェア更新などの必要はなく、バッテリーへの影響もないという。

 Android端末については、今後1.7GHz対のLTEに対応するモデルが登場すれば対応する計画だが、
あくまで中心に据えられているのはiOS対応端末。Android端末はこれまで同様、
AXGP対応端末を供給していく方針だ。

 ソフトバンクでは、ネットワークが混雑している東名阪エリアなど、都市部を中心に対応エリアを拡大し、2014年3月末までに3万8000局までエリア拡大する計画。また、2013年夏頃には、イー・モバイル側でもソフトバンク網が一部利用できるようになる予定だ。




解説引用
ソフトバンクが「ダブルLTE」発表、都市部からサービス開始 (ケータイWatch)





この記事はあなたのお役に立ったでしょうか?皆様の応援クリックがあれば今後の励みになります!
今後も役立つ記事を書いていけるように頑張っていきます!ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

  








携帯・スマホ・通信費節約

Homeへ戻る

関連記事

Tag:iPhone SoftBank iPadシリーズ

0 Comments

Post a comment




Designed by Akira.

Copyright © デジ朗レポート~携帯・スマホ・通信費節約&最新情報 All Rights Reserved.