新型「Nexus7 2013」 モデル別の用途とコストについて考察する。

ここ数ヶ月間、常にモバイルニュースの話題になっていた
注目の「Nexus 7(2013)」(ASUS製)が満を持して8月28日に発売が開始された。

今回リリースされたモデルは
16GB WiFiモデル(2万7800円)
32GB WiFiモデル(3万3800円)



前モデルに比べ8千円以上値上げされた強気な価格設定だが、
各部しっかりとスペックアップされているようだ。

モデル別のコスト比較がされたわかりやすい記事があったので抜粋しておきたい。
購入を考えているユーザなら参考になるかも。


nexus7_2013.jpg



詳細記事は下記へ
↓ ↓ ↓



発売後数日経ったが売れ行きは予想通り好調で入荷待ちの状態が出ているようだ。

次にリリース予定のモデルは9月中旬発売予定とのこと。
32GB LTE版 (3万9800円)





Nexus 7(2013)Wi-Fiモデル

○0円のランニングコスト
Wi-Fiモデルの魅力は、ランニングコストの安さです。通信は自宅と仕事場のWi-Fiを利用し、通勤や外出などの移動中は所有しているスマートフォン(スマホ)のテザリングを活用すると、新たな通信費用は発生せず、0円で運用ができます。また、既にモバイルWi-Fiルーターを所有していれば、旅行や出張など、長期・長距離の外泊や移動中でも追加費用なしで利用することができます。

~以下略



Nexus 7( 2013)LTEモデル
LTEモデルは、「SIMロックフリーモデル」ということもあり、
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスのSIMが利用可能と予想されています。
利用エリアが広く、高速通信が可能なキャリアのLTEサービスが利用できる反面、通信費が高くなってしまうという課題があります。


そこで、LTEのメリット活かす方法としては、大手のキャリア(通信事業者)からの回線を借りて格安のSIMを提供している日本通信(b-mobile)やOCN、などのMVNOサービスを利用することもできます。

~以下略




 ・モバイル機器運用に役立つ情報掲載⇒人気スマホ・モバイル速報 (人気Blogranking)





 ・関連商品

Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック(Android/7inch/APQ8064/2G/16G/BT4) ME571-16G


Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック(Android/7inch/APQ8064/2G/32G/BT4) ME571-32G


Poetic Slimline Case for Google Nexus 7 2nd Gen 2013 (Black) 日本正規品






解説引用 (livedoor News)
http://news.livedoor.com/article/detail/7997097/




この記事はあなたのお役に立ったでしょうか?皆様の応援クリックがあれば今後の励みになります!
今後も役立つ記事を書いていけるように頑張っていきます!ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ

  










Homeへ戻る



関連記事

Tag:Google Nexus7 ASUS

0 Comments

Post a comment